二次会景品の予算

二次会景品は豪華であればあるほど、もらう立場の人達は嬉しいものです。しかし、景品が豪華になればなるほど、お金がかかるのは当然のこと。ここでは、実際の二次会でどの程度のお金がかかっているのか、二次会の種類によっても変わってくるので一部ご紹介します。

まずは結婚式の二次会。二次会の前の披露宴ではまずご祝儀を渡します。ちなみに一般の友人であれば3万円が相場と言われています。では、二次会ではどうなのでしょうか。年齢や性別にもよりますが、20代中心であれば一人当たり、男性で7000円前後、女性で6000円前後、30代以上の方が中心であれば男性で8000円前後、女性で7000円前後が一般的な相場だと言えるでしょう。つまり、この平均予算と参加人数の合計で、二次会の会場費や食事代などの必要経費を支払い、残りのお金で景品を準備します。豪華な賞品を準備する為には、いかにして会場費や食事代をかけないかという所がポイントとなります。

次に会社などの二次会ですが、結婚式の二次会とは違い、会社の場合は経費や役職がある方などが多く出すケースがあり、一概には言えませんが、一人当たり2000円~3000円が一般的と言えるでしょう。また、どうしても結婚式とは規模が異なりますので、景品についても、結婚式の二次会よりは質が下がったり、数が少なかったりというのも多いです。しかしながら、会費自体が少ないので出席者の多くは景品が出るだけでも満足する人が多いのも事実です。